☆頭を活性化しよう!

刺激で頭を活性化

物忘れが多いし、なかなか新しい物が覚えられない

記憶力が加齢のせいでダウンしてると思っているのであれば、
それは間違った考えなので、改めてください。

加齢のために脳の神経細胞が日々減少しているとしても、
実際に頭の神経細胞は少ししか使われていません。

だから、神経細胞の力自体は変わってないんですね。

それどころか、最新の脳科学では、
歳をとってからでも脳細胞が増える可能性すらあるそうです。

じゃあなぜなんだ?と思われるでしょうね

それは、単にやり方が悪い! と言うことになります。


人類は、進化のため思春期を作り出した。


海馬(かいば)という部位が記憶をつかさどっています。

単純に、海馬が動けば記憶力が上がるんですね!

じゃあどうすれば?と言う話になりますね。


少し思春期の話をします。

人は思春期(性成熟の開始)を迎えると、著しく感情が不安定になり。
プラス感情もマイナス感情も大きく増幅されます。

性ホルモンが視床下部の扁桃体を刺激するからで、扁桃体が刺激されることで、
感情が刺激され(=脳内伝達物質が大量に分泌され)、
神経細胞の樹状突起のシナプスが作るネットワークが量、スピードともに大きく増大します。

この時、偏桃体の近くにある海馬が刺激され、記憶力がアップします。


ということは、刺激があれば活性化されるという事なんです!


だから、感動した体験やトラウマなど、の記憶はわすれないですよね。

それを一工夫して作り出せば、記憶に残るんですね!

例えば、声を出して読むとか、更に感情をこめてみるとか、場所をかえるなど、
ちょっとしたことで変わってくるはずです。

お試しあれ!

画像の説明

コメント


認証コード5926

コメントは管理者の承認後に表示されます。