☆仕事を振られをて腹が立つ?

画像の説明

仕事を振られて腹が立つ?


会社という組織の中で仕事をしていると、頼まれごとが多いですよね。

上司からは当たり前ですが、同僚、部下からも・・・

その時あなたはどんな風に感じているでしょうか?


会社という場所は、表向きはイノベーションを掲げ、自由な発想で新しい事を実行できる創造的な人材を求めています。

しかし実際のところ、まず「振られた仕事」をしっかりこなせる人、される人を高く評価しています。


ちょこっとしたしょうもない事から、むちゃなお願いもされる事も多々あるでしょう。

それをどんな風にこなせるのか、さらに付加価値をつけて時間内に成果をあげれるのかが問題です。


お願いされた(与えられた)仕事すらこなせずにいたとしたら、上に引き上げてもらえないでしょうし、
とてもイノベーションを起こす力などないでしょうね…


仕事は、同時にいくつも振られるものです。
もし、あなたが若手ならば、成果は二の次で上には経験を積んでもらいたいという考えがあると思います。

失敗も含め、成長する機会を与えること自体が目的になっています。

あなたには若さがあるんです! がむしゃらに挑んでください。


しかしベテラン社員はそうはいきません。

ムチャ振りだとしても、必ず「結果」が求められるからです。


時間とクオリティを求められています。

当たり前の様に期待の基準が定められていて、失敗もギブアップも許されません。

これができるかどうかが社内でのランクに影響してきます。

1人でやれないなら、誰かにお願いしてでもやり切ることが求められます。


その時、仕事を上手に振れる人は、

・自分のやるべきこと
・誰かに振るべきこと

この二つの仕分けがしっかりできます。


上から振られたように、下や外注に同じように振っていると無能と思われてしまいます。

ましてや上に対して、「質問に対して質問で答える」様な事、今回の場合は「仕事を振られたのに振り返す」をしていたとしたら、絶望的です。

明るい未来は決して見えてこないでしょうね。


リーダー的な立場になると、上から難しい仕事を振られるし、自ら仕事を振らなければならない事も増えていきます。

まとめ役としての仕事をする機会が増えるので当然です。


仕事のスキルも求められますが、仕切り役としてのスキルを向上させなくてはなりません。


◆ 仕切り役=物事を適切に処理する人


これができなければ、リーダーとして失格でキャリアアップをしていくことは難しでしょうね。


そもそも、仕事は「振られてなんぼ」


むちゃ振りだったにせよ、チャンスを与えられるということは、それだけ頼りにされているということを忘れてはなりません。

恐れなければいけないこと、それは「干される」ことです。


そもそも仕事を振られて腹が立つとか、できない理由を並べて仕事を断るなんて、おかしなことだと思いませんか?

そんな方は何をする為に会社に来ているんでしょうか?

正直 理解に苦しみます。

自営業の方なら干されるということが、どれほど恐ろしい事かわかると思います。


たいていの場合、仕事は上から下へ振られるのが普通です。

しかし、振られた人の中には仕事のスケジュールや段取り、問題などにおいて認識が甘く、
逆の流れの下から上へムチャ振りせざるを得ない状況をつくり出してしまう人がいます。

こんな人は組織の中で、できない人の烙印を押され、干されてしまいます。

そうならないように、自分のすべき事をしっかり見定め、諦めず、確実に成果を上げるようがんばってください。

画像の説明

コメント


認証コード3063

コメントは管理者の承認後に表示されます。