☆日本人のやる気

画像の説明

社員の熱意とやる気


マジでびっくりする記事をよみました。


アメリカの世論調査と人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップ社が、
世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)
を調査したものなんですが、

これによるとなんと、日本の会社員の「やる気」や「熱意」は世界最低クラス…


■熱意ある社員の割合は139カ国中なんと132位

日本は『熱意あふれる社員』の割合がたった6%しかない

139カ国中 132位 限りなくビリじゃないか…


ほかにも、諸問題を生む「不満をまき散らす無気力な社員」の割合は24%
「やる気のない社員」は70%に達したと…


深刻ですね…

これは能力の問題ではなく、意識の問題ですからね…


従来は、上に言われたことを、口答えせずに確実にやれば成功していたかもしれない。

しかし、確実にやれる人がどれ程いるのだろうか…

確実ではなく、まあまあ、何となくやってごまかしているって人がいかに多いのか、この調査で多数存在している事がわかった。


本人のマインドセットを変えないといけないのでしょうが、経験上、人を変えるのは凄く難しい。

一瞬変わったかなと思っても、スグ元にもどる。そう簡単に変えられるとは思えないのが本音です。


本人の意識の問題なので、外野がいくらモノ言ってもなかなかとどかないんですよね。

そうなると、残念ですが諦めになってしまいます。


そもそも、言ってできる人は一つ言えば、その仕事を進めるにあたり背景にある物事を理解します。
もしわからなくても調べて前に進めていきます。

結果を重視していて、小さな成功の積み重ねで更に成長していくんです。


結果はさておき、言われた事はやっている!という、時間を売っている時間労働者が多いのが残念です。

楽しく仕事ができる環境は良いと思いますが、ぬるま湯に浸かって何となく時間を過ごしているのは考えものですね。


新しい事を考える力、それを実行する力、成果を出すまで続ける力


全ては本人のマインドセットにあります。

これが崩れている人は、はなから聞く耳をもっていないので、他人の力ではなかなか立て直すのは難しいです。


日本全体がこんな感じって思うと、日本という国はどうなってしまうのか考えてしまいます。


教育の在り方… 平和ボケなんでしょうか


ぶら下がれば、何とか生きていけたから ハングリー精神をなくしているんでしょうね。

でもそんな時代は終焉に近づいています。

会社にせよ自営業にせよ、全ては結果です。

収穫がなければ配当もなくなってしまいます。


これじゃあ あかんと思う人は、徹底的に考え行動してみてください。

やるしかないんですよ!!

画像の説明

コメント


認証コード5334

コメントは管理者の承認後に表示されます。