☆バヌアツの法則 南海トラフの前兆か?

plate2

バヌアツの法則とは?

バヌアツで地震が発生すると、それと連動するように、その数日後に日本でも大きな地震が発生すると言われています。

地震発生の分布図を見ると、バヌアツは太平洋プレートとインド・オーストラリアプレートの境目に位置していています。

地震が発生しやすい地域なのがわかります。

バヌアツやフィジーなどの南の島国で大地震が発生すると、太平洋プレートを時計回りに連動して地震が発生する”傾向”があると…

バヌアツでマグニチュード6.0以上の地震が発生した場合、同程度の規模の地震が数日後~2週間くらいの間に日本でも発生する。

その発生確率は実に6割~7割と言われているそうです。


フィジー諸島震源 マグニチュード8.1


北海道地震の翌日、9月7日午前0時49分ごろ南太平洋のフィジー諸島に起こりました。

8月22日にもバヌアツでM6.7の地震が発生していました。


震度5以上の地震発生図です。

画像の説明

毎日この様なこと書いてますが、バヌアツの法則が本当かどうかはわかりませんが、全く関係ない事でも無いような気がします。

バヌアツやフィジーなどの南の島国で大地震が発生すると、
太平洋プレートを時計回りに連動して地震が発生する”傾向”があるそうです。

怖いですね。


防災シェルター


弊社では、木造住宅、アパートなどの避難場所として、押入れシェルターをリリースしています。

現場調査→製作→設置 300,000~の低価格の設定となっています。

震災時、絶対にケガをしてはいけません。

停電した病院で何時間もカンズメ状態にされるのは避けなければなりません。

ケガなく生き残るためにご検討ください。


現在、押入れタイプ・食卓タイプがあり、ベッドタイプは開発中です。

一部屋をガッツりシェルター仕様にもできますが、費用面で約10倍以上になり、負担が大きくなってしまいます。

60tにも耐える押入れシェルターで安心を手に入れてください。

迫っている大震災から必ず守ってくれます。


◆いざという時、この耐震シェルターがあれば安心です。
◆大震災、台風等に備え、ガラス飛散防止フィルム
早めの点検・修繕?で事故は防げます。

コメント


認証コード5870

コメントは管理者の承認後に表示されます。