☆人間関係のモノサシ

画像の説明

お金というモノサシ


人は自分だけの価値観や基準値を持ち、100人いれば100通りの視点を持っています。

お金は経済活動をする上で、間違いなく皆が共有するモノサシであり、
与えれば喜ばれ、損をさせれば嫌われます。

いつも叩く元請け、材料が高い仕入れ先、数字を見れば、誰でもすぐにわかる事ですね。


お金の流れを読めて、価値のある行動ができれば、
たとえ人間関係を無視しても、空気を読まなくても生きていけます。

あなた自身に力があるので全く問題ありません。

ただ、あなたの価値のある行動がなくなった時、間違いなく排除されてしまいます!
数字が全ての世界にいるとそんなもんです。。


しかし、人間関係をまあまあ重く捉える場所では?

普通の会社や人の集まりであれば、どこにでも見られる状況ですが、意外と複雑なものです。

ビジネスの上ではお金というモノサシがあり、とてもわかりやすいのですが、
人間関係の場合そんなものが存在しないから、人、立場等により変わってくるので面倒なのかもしれません。


自分のモノサシに固執しない


例えば、何かを親切に教えてもらったとします。

常識からすると、「ありがとうございました。」とお礼をすると思います。

しかし、「頼んでもないのに何で礼を言わなければならないんだ?」と思う人も中にはいるでしょう。


そのような考え方も現代ではアリなのかもしれませんが、問題はあなたの属している場所です。

あなたが属しているグループや会社などで、あなたがお礼を言わなかったら、その行為に対してどう思われるかが問題です。


親子・師弟・上司と部下・先輩と後輩・お客・SNS いろいろありますね。

場所によっては、罪に問われるような事態になりかねない事を覚えておいてください。

言わなかったことや、一言余計な事を言ってしまったばかりにエライ騒ぎになってしまい
干されてしまう事もあります。


物を買うのは簡単です。お金と交換すればいいのですから。

人間関係の場合はそう簡単にいかない所があるから難しいんです。


人は他人に与えたものに対して対価が支払われなかったとき、大変強い怒りを覚えます。

人によってモノサシが違うので判断が難しいのですが、ちょっとした事でも
「オレがお前にやってやった!」という人もいれば、
お礼もしていなくても何回も助けてくれたり、教えてくれる人もいます。

このことを踏まえると、人によって感覚が全く違うのが分かります。


結局、良好な関係を保つには「お礼というお金」を払うことなんですね。

まずは「ありがとう」「助かりました」などの一言です。

その事により、きっとまた何か得るものがあるんです。

あまり自分のモノサシに固執しない事ですね。


もちろん一匹オオカミで生きていける人、そんなものはいらないと思われるのであれば、
そのグループから抜ければいいだけなので、全く考えなくてもいいと思います。

直ちに離脱して自由に生きるのがストレスのない生き方かもしれません。


良好な関係を保つには


挨拶と、その人の面子を保つ事です。

自分に対してあいさつをしてこない人にも、あいさつする。

人は自分がしなくても、あいさつしなかった後輩や部下のことは覚えているものです。

時の挨拶、感謝を伝える挨拶 必ずすべきですね。


パワハラのニュースが世間を騒がせていますが、どんな集まりでもパワーバランスを無視して上手くいく訳がありません。

普通、自分の意見を通したいのであれば、相手の面子を保ち、顔を立てるという事をしなくてはなりません。

相談する相手を間違えるとエライ事になってしまいますので注意が必要です。


しかし、実力があり実際に高い数字を叩きだせる人であれば例外かもしれません。
プレイヤーとしての価値が高いので逆に評価、優遇されたりもします。

上司を無視するような方でもある程度のワガママは聞いてもらえるでしょう。


しかし、あなたがスーパープレイヤーでないのであれば、なかなか一人で活躍するのは難しいのでは?

へこへこして、コバンザメの様になればいい!などと決して言っている訳ではありませんが、
何かを成し遂げるには、必ず人の助けが必要なんですよ!

少し考えてみてください。


あなたは、支払いをしますか? それとも排除されますか?

画像の説明

コメント


認証コード5852

コメントは管理者の承認後に表示されます。